佐賀県観光で美肌に

佐賀県の名産物と温泉

トップ / 佐賀県の名産物と温泉

有馬温泉観光情報

お茶を求めて嬉野観光と温泉へ

佐賀県嬉野市は幕末の頃、大浦慶という女性が嬉野茶をイギリスに輸出しており、この嬉野茶輸出を通じて坂本龍馬と密接に関わったとして観光地としても有名な街です。お茶の味はまろやかで味わい深く、飲むと「ホッ」とするような味になっています。日本有数のお茶の生産地であるため、温泉街からすぐ近くに茶畑が広がっています。またこの温泉には、お茶だけでなく「日本三大美肌の湯」とも呼ばれています。その泉質にはナトリウムを含むものが多く、温泉自体にぬめりがあるため、入浴した瞬間からすべすべの肌になります。嬉野周辺の観光としては、お茶が有名なことから周辺に焼き物のお店がたくさんあります。メインはお茶の歴史と散策になりますが、お茶を堪能し、温泉に入って美肌になってみてはいかがでしょうか。

嬉野温泉の魅力をお伝えします

佐賀県にある嬉野温泉は、美人湯として知られています。美人湯はとろとろのお湯で、肌が綺麗になります。長く入っていても湯疲れしません。更に、温泉水で煮込まれたとろとろの温泉湯豆腐があり、これも人気のメニューとなっています。温泉湯豆腐やちゃんぽん、雑炊などのメニューも人気です。観光スポットもいろいろとあり、温泉街は歩いてめぐれるから楽しいです。いろいろな宿にいって、温泉めぐりをするのもよいです。また、嬉野はお茶の名産地でもあるので、お茶を使ったお菓子や、お茶石鹸などもたくさんあるので観光のお土産に喜ばれます。